投稿者 : admin 投稿日時: 2019/02/26 (212 ヒット)

平成31年1月16日(水)17時30分より恒例の工業用ゴム商工新年互礼会が大阪市北区中之島のリーガロイヤルホテルにて今年も盛大に開催され、メーカー、組合員、報道を合わせ145名が出席しました。
小島副理事長が司会を務め、はじめに主催者を代表して岡江理事長からの挨拶があり、続いて来賓の大阪ゴム工業会副会長十川利男様(株式会社十川ゴム社長)にメーカーを代表してご挨拶をいただきました。


〔岡理事長の挨拶〕


〔大阪ゴム工業会 十川副会長の挨拶〕
 
そのあと、森副理事長の乾杯の発声により祝宴に入りました。


〔森副理事長〕


〔森副理事長による乾杯〕

最後に今年の年男・年女(亥年生まれ)の6名が檀上に上がり、代表してエムケイ産業(株)の森川社長が元気に万歳三唱を行ってお開きとなりました。


〔年男・年女勢揃い〕


〔年男森川様による万歳三唱の中締め〕


日 時   平成31年1月16日(火)17時30分〜
場 所   リーガロイヤルホテル「ロイヤルホール」
出席者   大阪ゴム工業会 1名
      賛助会員(メーカー)  57名
      組合員 83名
      報道           4名


投稿者 : admin 投稿日時: 2019/01/30 (181 ヒット)
路地裏グルメ

路地裏グルメ
街の肉バル Buff 江坂店
住所:大阪府吹田市江坂町1-22-10
電話番号:06-6155-5529
営業時間:17:30〜24:00
年中無休

みなさん、無性にお肉が食べたくなる時はありませんか?
今回は、私がそんな時に訪問させていただくお店をご紹介したいと思います。そのお店は「街の肉バル Buff 江坂店」です。なんか店の名前からしていかにも美味しそうな感じではないですか。場所は、御堂筋線 江坂駅から徒歩2分。江坂駅の東側、御堂筋線から一本裏手に入った飲食店が並ぶ静かな通りにあります。


〔外観〕

まず、店に入ると店員さんの元気な“いらっしゃいませ!”という挨拶と素敵な笑顔で迎えられます。店内は、炭火で焼かれるお肉のジューシー匂いで満ち溢れ、いつもワイワイと楽しそうなお客様でいっぱいで活気があります。お店の作りはカウンターとテーブルがあり、グループでの食事や二次会はもちろんのこと1人でサクッと美味しいお肉を食べたい時にも使えるお店です。


〔メニュー〕

メニューは、炭焼きグリルで提供されるいちおしの肉料理が3種類あります。どのメニューもアツアツの鉄板に乗せられジュージューとおいしそうな音を立てながら提供されます。BUFFステーキ(1g 9円)は炭火焼で塩コショウのシンプルな味が肉の旨味を引き立たせます。WILDステーキ(1g 8円)は特製ソースとにんにくチップが病みつきになるおいしさです。この2種類のステーキは、50g単位で注文可能で人数やお腹の減り具合に合わせて注文できるのもうれしいです。最後に炭火焼BUFFハンバーグは、ビーフ100%の本格派でとってもジューシーで美味しいです。もちろんこれ以外の肉料理も充実していてどれにするか迷います。グループで行かれたらぜひ色々注文して楽しんでください。

お肉系以外のサイドメニューもバーニャカウダー、まかないサラダなどのさっぱりした野菜系メニュー、パスタやビーフカツサンドなどのしっかり系メニュー、チーズや生ハムなどお酒のあてになるものまで充実しています。ちなみに私のお気に入りは山盛りポテトサラダです。


〔ポテトサラダ〕


〔特性ソース付きWILDステーキ〕

美味しい肉にはビールもいいですが、赤ワインも飲みたいということでワインを注文するとグラスにあふれんばかりのワインが注がれます。その名もグラスたっぷりワインはなんと380円と抜群のコスパですが、さらに平日月曜日から木曜日の17:30〜19:00のHAPPY HOURであれば1杯目はなんと100円と大変お得です。
美味しい料理でお腹も心も満たされたところでお会計。お会計を待っているとお酒が好きな方にはとても嬉しいサービスが。サービスでショットグラスに入ったウコンを提供して頂けます。飲みすぎてもこのウコンを飲めば、二日酔いも心配もなし!だと思いますが自己責任でお願いします(笑)


〔ウコンのサービス〕

街の肉バル Buffは大阪にてお店が4店舗。南森町店、江坂店、福島店、西中島店、どの店舗も駅チカの便利な場所にあります。


〔グラスたっぷりのワイン〕

そして最後までお読み頂いた方に朗報があります。江坂店のとっても優しい店員さんからの嬉しい申し出で先ほどご紹介したグラスたっぷりワイン(赤or白) 380円を平日月曜日〜木曜日の19:00以降でも1杯目を100円でご提供下さるとのこと。(記事のコピーかスマホの写真をご提示下さい)
美味しいお肉を食べたくなった時はこの記事片手にぜひ行ってみて下さい。

レポーター 株式会社アトライズヨドガワ 社長 恩田直樹


投稿者 : admin 投稿日時: 2019/01/28 (90 ヒット)
商品説明会

第51回「商品説明会」が12月6日(木)大阪市北区の中央電気倶楽部に於いて開催されました。
今回、バンドー化学様にお願いし、ベルト製品の種類や用途、採用事例などについて詳しく説明をして頂きました。


〔会場風景〕

【日 時】  平成30年12月6日(木)15:00〜17:00
【場 所】  中央電気倶楽部511号室
【参加者】  67名
【説明会社】 バンドー化学株式会社
【内 容】  1)摩擦ベルトの種類
       2)歯付ベルトの種類
       3)ベルトの採用事例


投稿者 : admin 投稿日時: 2019/01/26 (136 ヒット)

近畿支部会・講演会・懇親会

日 時 平成30年12月5日(水)
場 所 ANAクラウンプラザホテル大阪
講 師  喜田菜穂子 氏
演 題 「ハラスメントを出さない組織になるために」
参加者 57名


〔田井支部長の挨拶〕

16時より近畿支部会が開催され、田井支部長が今年度の近畿支部活動についての報告を行いました。そのあと参加者の皆さんにも興味がある方が多いのではと来年1月から採用されるゴルフルール改正の概要について説明し会場を和ませました。


〔喜田菜穂子氏による講演会〕

支部会終了後、16時30分よりOFFICE HARMO代表取締役の喜田菜穂子氏を講師に招いての講演会が開催されました。昨今、会社内だけでなく一般社会生活においても厳しくその責任を問われるようになった様々なハラスメントについて、その定義、種類、具体的な例など詳しく説明があり、なかでも社内では日常の事ながら、ややもするとパワハラになりかねない部下の叱り方を取り上げ、悪い叱り方、良い叱り方、など寸劇も交えながらわかりやすく説明がありました。参加者の皆さんは身近な問題として真剣に耳を傾けていました。


投稿者 : admin 投稿日時: 2019/01/26 (193 ヒット)

ミニハイキング
“秋の近江八幡を楽しむ”
日 時 平成30年11月17日(土)
場 所 滋賀近江八幡市
参加者 24名


恒例の秋のミニハイキングが今年も大阪ゴム商業会と西部工業用ゴム製品卸商業組合近畿支部共催にて11月17日(土)に開催されました。今回は大坂商人の源流といわれる近江商人の発祥の地、近江八幡市に出かけました。午前10時前にJR近江八幡駅に集合し最初の目的地である江戸時代の町並みの面影を残す新町通りへ向かいました。途中現地ガイドさんと合流し、2班に分かれて旧伴家住宅、旧西川家住宅をガイドさんの巧みな説明に耳を傾けながら見学しました。



〔近江商人旧屋敷が並ぶ新町通〕


〔風情溢れる八幡堀〕

その後、風情ある八幡堀の石堤を散策。八幡堀は映画やテレビの時代劇のロケ地としても有名で絵や写真の愛好家の人気スポットになっています。昼食後一応解散、あとは各々が自由に散策を楽しみました。お疲れ様でした。


投稿者 : admin 投稿日時: 2019/01/26 (140 ヒット)
路地裏グルメ

ワインダイニング「夢酒粋亭」(ムッシュイキテイ)
住所:大阪市中央区谷町1−5−11 キャッスルリバーB1F
TEL:06-6949-0214
最寄り駅:京阪本線天満橋駅
 地下鉄谷町線天満橋駅 共に4番出口徒歩1分


〔看板〕

今回は地下鉄天満橋駅4番出口から地上に出て坂をのぼりながら南へ向い、最初の角を右に曲がったビルにひっそりと佇む隠れ家レストラン「夢酒粋亭」(むっしゅいきてい)さんを紹介させて頂きます。


〔入口〕

ビルの階段をくだって(お店は地下1Fです)、右手にある重めの扉を開くと、左手には一段高いところに大体4名ずつ座れる掘りごたつが4つ(ブラインドで半個室対応可)、奥には2名用のテーブルが4つ、そして右側には元ホテルシェフが料理の腕を振るうのを見ながら食事を楽しめるカウンター席が4脚。


〔掘りごたつテーブル席〕


〔カウンター席〕

今回路地裏グルメの寄稿を仰せつかった時に「会社帰りに食べて飲んで5000円で満足できる飲食店」で真っ先に脳裏に浮かんだのが、この「夢酒粋亭」さんでした。お値段や味などの細かい話は後ほどとして、私からの一番のアピールポイントは他店では見かけない「酒と料理のマリアージュ」と「わがままリクエスト仕放題」です。面白いなと思う「マリアージュ」なんですが、普通のレストランでは乾杯にはスパークリングワインとか、お肉を食べるから赤ワインなど、『料理に合うお酒』を選んだり、「持ってきて」って注文しますよね?こちらの「夢酒粋亭」さんは違うんです。飲んでいる『お酒に合う料理』をその場でシェフが考えてサーヴしてくれます。たとえばちょっと爽やかな柑橘系の香りでほろ苦い白ワインには「お豆腐の山芋、オクラ、青ネギとなすび和え」とか、清涼感のある香りながらしっかりとした味わいの赤ワインにはあえて「スパイシーな風味豊かな魚料理」などなど。さらに同じ料理でも『お酒に合わせたソース』を使い分けてもってきてくれたり、一人日本酒を呑んでいたら、その方にだけ「朝採れきゅうりの万願寺味噌添え」を提供してくれたりします。また、ニッチなワインを飲みたいという方にも「夢酒粋亭」はオススメなんです。ワインと言えばどこの国のものが頭に浮かびますか? 大体フランス、イタリア、米国のカリフォルニア、最近ではチリやアルゼンチンなどがメジャーどころとして浮かんだのではないでしょうか?「夢酒粋亭」はもちろんメジャーどころも取り揃えていて、常時60〜70種類のワインがセラーに保管されておりますが、なぜかオーストリア、ハンガリー、ルーマニア、モルドバ、ジョージアといったワイン通でもあまり飲んだことのないニッチな種類を数多く取り揃えています。特にジョージアやルーマニアなんてギリシャと並んでワインの発祥の地と言われている珍しいワインなんですが。これらのワインの良いところは「超希少であること」と「コスパの良さ」です。また「わがままリクエスト仕放題」ですが、本当にお客さんの要望に臨機応変に対応してくれます。オススメの「和牛ハンバーグ」は50gから食べたい量だけ味わえますし(肉汁がじゅわ〜と染み出る180gが特に美味しい)、コースメニューの設定も、わがまま仕放題です。色々なお酒を飲みたい方はビール、ワイン(赤・白・泡)、ウイスキー、焼酎、日本酒を飲み放題にしたコースも選べます(例:お料理1,500円&飲み放題2,500円)し、同じ料金でスパークリングワインやビールは要らないから、料理を充実させたいなどのご要望も思いのままに対応して頂けます。(例:お料理2,500円&飲み放題1,500円)飲みたい、食べたいという方にはお料理2,500円&飲み放題2,500円も可能です。





食べたいですか?飲みたいですか?のご要望にフルで応えてくれます。もっともっと美味しいものを食べたいという方には、口いっぱいに肉汁が広がるけれども油がさっぱりしている「近江牛」(英国王室御用達の塩つき)なんかもありますよ。お酒と料理のマリアージュを楽しまれたい方、元ホテルシェフとお酒について語り合いたい方に自信をもってオススメします。「この記事を読んだ」とおっしゃってくれれば、特別料理を出してくれるかも(笑)

レポーター 宇都宮製作(株) 副社長 大西浩太郎


投稿者 : admin 投稿日時: 2019/01/20 (53 ヒット)


共同ゴム株式会社


 〒551−0002
 大阪市大正区三軒家東4丁目10番23号
 TEL  06-6552-3601
 FAX  06-6552-3602
 社長 宮澤 洋


―共同ゴムさんの歴史を教えてください―
 昭和13年(1938年)、初代林新三が、大阪市南区上汐町において共同ゴム商会を創業しました。今年で創業80年になります。社名の由来は近江商人の“三方よし”の精神に共感して名付けたと聞いています。当時は主として軍需及び工業用ゴム製品を取り扱ったようです。戦災により事業を中断しましたが、戦後まもなく昭和21年12月に再興したとのこと。その後、日本の復興は重工業からの見通しのもと重工業関連の大手企業を得意先として営業展開を行い、三井鉱山の関連で昭和25年に福岡営業所を開設、昭和43年に住友金属工業鹿島製鉄所の開業に合わせて東京営業所を開設、日立造船からはダムをはじめとする水門関連の仕事を請け負うなど業容を順調に拡大していったようです。水門関連は定期的な補修工事が発生します、当社が金型を持っている強みもあり厳しい価格競争は強いられるものの50年くらい前から今も毎年コンスタントに受注してい ます。昭和34年林新三の死去に伴い、実弟の林久壽夫に引き継がれます。林久壽夫には実子がいなかった為、平成9年(1997年)当時取締役であった岸田哲夫が三代目の社長を引き継ぐことになりました。私は四代目で岸田哲夫の義理の息子にあたります。学生時代お付き合いしていた女性がたまたま岸田哲夫さんの娘さんだったという縁で平成28年4月に入社し、平成29年(2017年)に社長を引き継ぐことになりました。私は静岡県の片田舎の出身ですが、高校からはサッカーで有名な磐田市に下宿し、さらに大学は京都で下宿という生い立ちです。この会社に入るまでは今の業種とは全く縁のない世界で16年間サラリーマンをしていました。

―共同ゴムさんの社是、企業方針などをお聞かせください―

今から40年ぐらい前に、社訓を社内コンテストで募集し決めたようです。それが現在ホームページに掲げているものです。
社訓  三つの心  
一 努力の心、一 反省の心、一 感謝の心
ただ、以降半世紀が経ちますので、新たに社是、社訓を再考してみようと思案中です。

―いま注力されている或いは今後注力しようと考えていることについてお聞かせください―

 初代社長以降築いてきた大手得意先との直需取引、中でも定期的なメンテ仕事を大事にすると同時に、今までに築いてきた商流を活用し品種に捉われないゴムホース・ベルト、ゴム板等工業用ゴム製品などの幅広い商材販売の二本立てはこれからも継続していきたい思っています。また今後はゴム・樹脂の専門総合商社として今まで培った実績と情報収集力を武器に的確にそして迅速にお客様のニーズにお応えするとともに、アフターケアにも力を注いでいくことが重要だと考えています。

―会社自慢、社員自慢をしてください―
古くからの得意先も多いこともありベテラン社員は嘱託として残ってもらう一方、10年ぐらい前から社員の若返りを図りました。社長である私自身が42歳ですし、他も40代、30代です、今年新たに20代が入社しました。みんなで飲みに行ったりカラオケにもよく行きます。皆性格も素直で本当に真面目です、こらからが楽しみです。この本社も5年前に谷町からこの場所に新築・移転しました、周りの環境も良く働きやすい職場だと思います。

―ご趣味をお聞かせください―

大学卒業後、スポーツ新聞社に入社し最初は野球を担当しました。地元阪神ファンの熱狂ぶりは静岡生まれの私としては唯々驚くばかりでした。その後好きなサッカー担当として地元関西のJリーグのチームをはじめ、日本代表、またワールドカップやオリンピックなどスポーツ記者として国内外を取材で飛び回っていました。ある意味楽しい充実した期間を経験しました。ただ私本人は、かなりのめんどくさがり屋で、ジムに行っての着替えやシャワーも考えるだけでも邪魔くさくなります、なのでスポーツはあまりしません。ただ最近になってゴルフを始めましたがまだまだこれからです。趣味といえば飲みに行くことと読書ぐらいです。読書に関してはジャンルは広いです。経営の本、ハウツー本、歴史もの、サスペンスなどなど、本でも雑誌でも活字が手元にないと落ち着かない一種の活字中毒かもしれません。


共同ゴム(株)さんを訪問して
元スポーツ新聞の記者という異例の経歴をお持ちの4代目宮澤洋社長、縁あって経営者という立場でこの業界に身を置くことになりまだ少し戸惑いを感じつつも意欲的に事業に取り組まれている姿勢に爽やかさを感じました。今後は組合事業にも積極的に参加していただけるとの意向をお聞きし嬉しく思います。
今後ますますのご発展を祈念しております。

(事務局 三島通弘)


(1) 2 3 4 ... 39 »