投稿者 : admin 投稿日時: 2018/02/19 (175 ヒット)
路地裏グルメ

水炊き 鶏坊
住所 : 大阪市北区堂島1−2−30
TEL : 06−6341−3060
営業時間 : 17:30 〜 [月〜金]翌2:00 [土]22:00
定休日 : 日曜・祝日

お酒は好きで多少のこだわりがあるものの、食べることに関して無頓着な私にとって今回のレポートはなかなかの難題でした。
さてどうしたものかと思案しましたが、あそこなら・・・と思い立ちご紹介するお店がこちら、北新地にある 「水炊き 鶏坊」さんです。
前回の太田さんの投稿とカブり気味ですが、寒い季節にご紹介するならやっぱり鍋物、そしてここの鶏鍋は自信を持ってオススメできますのでどうかご容赦ください。
お店の場所はJR東西線の北新地駅から徒歩で約4分。新地の中では東側、かなり御堂筋寄りで駅チカではありませんが、色とりどりのネオンや華やかな装いのお姉さん達に気を取られながら歩いているとすぐに到着です。
外構えはこんな感じでなかなか高級感が漂う入口でございます。


〔入口〕

しっかりした造りの横開き戸を開けると、カウンターとテーブル数台のこぢんまりとした店内ですが、程よい照明で居心地の良い雰囲気です。店員さんもいつも元気に愛想よく出迎えてくれます。
今回は事前に予約して4名で来店、一番奥のテーブル席へ案内していただきました。行くといつも満席に近いので、なるべく予約しての来店をおススメします。
席に着くとさっそく飲物と、お目当ての鶏鍋「地鶏水たき(白スープ)」を注文!


〔メニュー〕

そして鍋を待っている間は「鶏の刺身盛合わせ」(ハツ、レバー、ズリ)。柔らかくも適度な歯ごたえがたまりません。


〔鶏の刺身盛り合わせ〕

ほどなくして鍋が登場。最初は白濁スープと骨付き鶏身のみです。


〔白濁スープと骨付き鶏身〕

具材を加える前に店員さんがスープを湯呑みに取り分けてくれます。新鮮な鶏ガラをじっくり時間をかけて煮込んだこのスープ、濃厚です。
まずはそのまま一口。塩、ネギ、白胡麻など加えてまた一口。思わずおかわりを宣言しそうになりますが、鍋が成立しませんのでここはガマン。
つみれ、白ネギ、白菜、人参、えのき、豆腐にお麩。店員さんが丁寧に鍋に並べてくれます。
しばらく煮込んでつみれがプカッと浮いたらオッケー!


〔白ネギ、白菜、人参...〕

我先にと箸が飛び、ほろ酔い気分の私は出遅れ気味です。スープがしっかり染み込んだアツアツの鶏肉や野菜をポン酢にサッとくぐらせていただきます。ゆず胡椒を加えてもピリッと美味しいですよ。
〆としてラーメン又はお茶漬け付とメニューにありますが、雑炊もできるので今回はそちらを注文。
鶏や野菜の旨味がよく染みた雑炊、これも鉄板のウマさであっという間に完食です。


〔雑炊〕

飲物を各自1〜2杯頼んで大人4人ほぼ満腹。ここまでで約5千円/人、「路地裏グルメ」の予算に収まりました。
もし食べ足りない飲み足りない方はおとなりの「炭火やきとり 鶏坊」へどうぞ!


〔隣は炭火やきとり鶏坊〕

といっても実は2店は中でつながっていて行き来できますし、やきとりも「水炊き 鶏坊」で注文できるんです。
飲物はビール、焼酎、日本酒、梅酒やソフトドリンクのほかワインもあります。
お酒好きな方もしっかり満足できるラインナップかと思います。


〔お酒もいろいろあります〕

皆さまも「水炊き 鶏坊」の鶏鍋をぜひ一度召し上がってみてください。


レポーター:株式会社愛善商会
社長 中島 啓


投稿者 : admin 投稿日時: 2018/01/20 (177 ヒット)

平成30年1月16日(火)17時30分より恒例の工業用ゴム商工新年互礼会が大阪市北区中之島のリーガロイヤルホテルにて今年も盛大に開催され、メーカー、組合員、報道を合わせ142名が出席しました。
森副理事長が司会を務め、はじめに主催者を代表して祖父江理事長からの挨拶があり、続いて来賓の大阪ゴム工業会山内会長(ヤマウチ株式会社社長)にメーカーを代表してご挨拶をいただきました。



〔祖父江理事長の挨拶〕




〔大阪ゴム工業会 山内会長の挨拶〕
 
そのあと、岡副理事長の乾杯の発声により祝宴に入りました。




〔岡副理事長〕




〔岡副理事長による乾杯〕


途中、MarSA(マーサ)さんによるライブが会場を盛り上げました。




〔会場風景〕

最後に今年の年男(戌年生まれ)の6名が檀上に上がり、代表して(株)ダイニチポリマーの森川社長が元気に三本締めを行ってお開きとなりました。




〔年男勢揃い〕



〔年男代表森川様による中締め〕


日 時   平成30年1月16日(火)17時30分〜
場 所   リーガロイヤルホテル「山楽の間」
出席者   大阪ゴム工業会 1名
      賛助会員(メーカー)  57名
      組合員 80名
      報道他          4名


投稿者 : admin 投稿日時: 2017/12/19 (100 ヒット)

平成29年度近畿ベルト工業会安全講習会

(日 時) 平成29年12月13日(水)
(場 所) 中央電気倶楽部213号室
(参加者) 17名
(講 師) (株)辻安全サービスセンター 辻 宏夫氏 

近畿ベルトエンドレス工業会主催の安全講習会を平成29年は「低圧電気の取扱い業務特別教育」を取り上げ上記の日時、場所にて実施しました。工場内など現場作業をするにあたり必ず必要となることもあり、今回は17名の方が受講しました。
講師の話を聞くだけでなく、グループワーキングなどを通じて安全への意識がいかに重要であるかを再認識しました。


 [講習風景]


投稿者 : admin 投稿日時: 2017/12/18 (130 ヒット)

近畿支部講演会

演 題:「ボクがナニワのアナウンサー ―放送業界裏話あれこれ―」
講 師:寺谷 一紀 氏
参加者:63名

近畿支部主催、年末恒例の近畿支部会・講演会が12月5日16時から大阪市中央区のANAクラウンプラザホテル大阪で開催されました。
冒頭、清水近畿支部長が挨拶に立ち、続いて支部活動報告を行いました。そのあと、健康上の理由により本日をもって近畿支部長を辞任したい旨発表がありました。それを受けて祖父江理事長より田井副支部長を支部長に、また新たに小賀野哲朗氏を副支部長に推挙したいとの提案があり、議場に諮ったところ全会一致で承認されました。


〔清水近畿支部長の挨拶〕

近畿支部会に続いて開催された講演会では講師に元NHKアナウンサーで現在も民プテレビやラジオで活躍中の寺谷一紀(てらたに いちき)氏をお招きしました。
「放送業界の裏話あれこれ」「オモシロ東西文化比較」「話し方講座」など興味あるテーマを取り上げ、大阪ならではの笑いとユーモアを交えながら巧みな話術で参加者を引き込みました。


〔講演会 寺谷一紀氏〕

講演終了後、場所を移し講師の寺谷氏も交え懇親会が開かれました。最後に田井新近畿支部長の中締めでお開きとなりました。


〔祖父江理事長の挨拶〕


〔田井新近畿支部長による中締め〕


投稿者 : admin 投稿日時: 2017/12/02 (101 ヒット)

11月27日(月)午後4時30分から大阪市北区の中央電気倶楽部213号室に於いて当組合のベルト部会主催による「ベルト商工懇談会」が開催されました。
組合から10名、メーカーから5名、計15名が参加して、ベルト全般にわたり需要動向や今後の見通しなどについて意見交換を行いました。
最近のベルト市況については三ツ星ベルト(株)産業資材営業第1事業部営業部次長熊田隆文氏から、各産業別の景気動向をはじめ、ゴムベルト、樹脂ベルトについての
今年上半期の出荷実績並びに販売実績、また今後の産業機械を含めた需要動向などについて資料をもとに説明がありました。
また、物流コストの上昇、運送業者の混載拒否などの問題、ベルトエンドレス業者不足に伴う価格高騰などの問題等について商工間で意見交換が行われました。
懇談会終了後は地下の「えれき亭」にて懇親会を開催し、年に一度の商工懇親の輪が広がり、最後に荒木副部会長の中締めでお開きとなりました。


【ご出席メーカー】(社名50音順)
   
ニッタ(株)
 バンドー化学(株)
 三ツ星ベルト(株)
   


 〔祖父江理事長の挨拶(右 岡事業委員長)〕


 〔商工懇談会〕


 〔市況説明する熊田隆文氏〕


 〔荒木副部会長による中締め〕


投稿者 : admin 投稿日時: 2017/11/30 (163 ヒット)

平成29年度「秋のミニハイキング」
恒例の大阪ゴム商業会主催の「秋のミニハイキング」が西部ゴム商組共催のもと11月25日(土)に行われました。
今年は今回は京都の紅葉の名所「東福寺」周辺に紅葉狩りに出かけました。
午前10時前に京都駅に集合、そこからJR奈良線で一つ目の東福寺駅で下車。予想以上の人の多さに当初の計画を少し変更し、最初に、天皇家と関係の深いことから御寺(みてら)として親しまれている「泉涌寺(せんにゅうじ)」を参拝しました。


〔御寺 泉涌寺大門(重要文化財)〕


〔泉涌寺境内〕

次に、そこからほど近くにある泉涌寺の塔頭「今熊野観音寺(いまくまのかんのんじ)」を訪れました。ここは比較的人も少なく、境内を包み込むような色鮮やかに色づいた紅葉に身を浸しながらゆっくりと散策することがきました。


〔今熊野観音寺の境内〕


〔今熊野観音寺の境内〕


〔紅葉に染まる境内にて〕

その後、同じく泉涌寺の塔頭「悲田院(ひでんいん)」に立ち寄り、京都市内を一望できる境内からの眺望を楽しんだあと、東福寺に向かいました。


〔悲田院からの眺望〕

近づくにつれ人、人、人、その多さに圧倒されながら、昼食を用意してもらっている東福寺の塔頭「天得院(てんとくいん)」に到着、一歩中に入るとそこはまるでそとの喧騒が嘘のような静寂な佇まい、美しく手入れされたお庭を前に古都京都の風情に浸りながら美味しい精進料理をいただきました。


〔天得院のお庭〕


〔天得院にて昼食(大西会長による乾杯)〕


東福寺と言えば紅葉に埋め尽くされた谷を見下ろす通天橋からの眺めが特に有名なのですが、ただ当日の混雑ぶりは予想以上、そこにたどり着くまで長陀の列ができており残念ながら今回は断念、あとは各自の判断に任せることとし、昼食が終わった時点で一応の解散となりました。お疲れ様でした。


〔天得院の紅葉をバックに全員集合〕

日 時  平成29年11月25日(土)
訪問先  御寺 泉涌寺
     今熊野観音寺
     悲田院
     天得院
     
参加者  22名


投稿者 : admin 投稿日時: 2017/11/23 (90 ヒット)

平成29年度ホース商工懇談会

日 時 平成29年11月13日(月)
場 所 中央電気倶楽部213号室
出席者 商業者12名、メーカー16名
11月13日(月)午後4時30分から大阪北区の中央電気倶楽部において当組合ホース部会主催による「ホース商工懇談会」が商業者(組合員)から12名、メーカーから11社16名の計28名が出席して開催されました。祖父江理事長の挨拶、出席各社の自己紹介に続いて、メーカーからの生産・販売状況報告が行われ、一般ホースについては、(株)十川ゴム大阪支社長の松江 耕氏が、樹脂ホースについてはタイガースポリマー(株)大阪支店長の植 富男氏が、高圧ホースについては住理工ホース販売(株)大阪事業所所長の高橋雅巳氏がそれぞれ生産・出荷及び国内外の需要動向や輸出入状況について報告しました。
その後、商業者が現在抱えている問題点についての質疑に対しメーカー各社との間で質疑応答が行われました。懇談会終了後は席を地下の「えれき亭」に移し、懇親会を開催しました。長谷川副部会長の乾杯の発声のあと年に一度の商工による懇親の輪が広がり、最後は加藤部会長による中締めでお開きになりました。


 【ご出席メーカー】(社名50音順)
   
   クラレプラスチックス(株)
   弘進ゴム(株)
   住理工ホース販売(株)
   タイガースポリマー(株) 
   東拓工業(株)
  (株)十川ゴム
  (株)トヨックス
   ニッタ(株)
  (株)八興
   プラス・テク(株)
   ユーシー産業(株)
  

 〔祖父江理事長の挨拶〕


 〔長谷川副部会長による乾杯〕


 〔加藤部会長による中締め〕


(1) 2 3 4 ... 36 »