路地裏グルメ
路地裏グルメ : 水炊き 鶏坊
投稿者 : admin 投稿日時: 2018/02/19 (304 ヒット)
路地裏グルメ

水炊き 鶏坊
住所 : 大阪市北区堂島1−2−30
TEL : 06−6341−3060
営業時間 : 17:30 〜 [月〜金]翌2:00 [土]22:00
定休日 : 日曜・祝日

お酒は好きで多少のこだわりがあるものの、食べることに関して無頓着な私にとって今回のレポートはなかなかの難題でした。
さてどうしたものかと思案しましたが、あそこなら・・・と思い立ちご紹介するお店がこちら、北新地にある 「水炊き 鶏坊」さんです。
前回の太田さんの投稿とカブり気味ですが、寒い季節にご紹介するならやっぱり鍋物、そしてここの鶏鍋は自信を持ってオススメできますのでどうかご容赦ください。
お店の場所はJR東西線の北新地駅から徒歩で約4分。新地の中では東側、かなり御堂筋寄りで駅チカではありませんが、色とりどりのネオンや華やかな装いのお姉さん達に気を取られながら歩いているとすぐに到着です。
外構えはこんな感じでなかなか高級感が漂う入口でございます。


〔入口〕

しっかりした造りの横開き戸を開けると、カウンターとテーブル数台のこぢんまりとした店内ですが、程よい照明で居心地の良い雰囲気です。店員さんもいつも元気に愛想よく出迎えてくれます。
今回は事前に予約して4名で来店、一番奥のテーブル席へ案内していただきました。行くといつも満席に近いので、なるべく予約しての来店をおススメします。
席に着くとさっそく飲物と、お目当ての鶏鍋「地鶏水たき(白スープ)」を注文!


〔メニュー〕

そして鍋を待っている間は「鶏の刺身盛合わせ」(ハツ、レバー、ズリ)。柔らかくも適度な歯ごたえがたまりません。


〔鶏の刺身盛り合わせ〕

ほどなくして鍋が登場。最初は白濁スープと骨付き鶏身のみです。


〔白濁スープと骨付き鶏身〕

具材を加える前に店員さんがスープを湯呑みに取り分けてくれます。新鮮な鶏ガラをじっくり時間をかけて煮込んだこのスープ、濃厚です。
まずはそのまま一口。塩、ネギ、白胡麻など加えてまた一口。思わずおかわりを宣言しそうになりますが、鍋が成立しませんのでここはガマン。
つみれ、白ネギ、白菜、人参、えのき、豆腐にお麩。店員さんが丁寧に鍋に並べてくれます。
しばらく煮込んでつみれがプカッと浮いたらオッケー!


〔白ネギ、白菜、人参...〕

我先にと箸が飛び、ほろ酔い気分の私は出遅れ気味です。スープがしっかり染み込んだアツアツの鶏肉や野菜をポン酢にサッとくぐらせていただきます。ゆず胡椒を加えてもピリッと美味しいですよ。
〆としてラーメン又はお茶漬け付とメニューにありますが、雑炊もできるので今回はそちらを注文。
鶏や野菜の旨味がよく染みた雑炊、これも鉄板のウマさであっという間に完食です。


〔雑炊〕

飲物を各自1〜2杯頼んで大人4人ほぼ満腹。ここまでで約5千円/人、「路地裏グルメ」の予算に収まりました。
もし食べ足りない飲み足りない方はおとなりの「炭火やきとり 鶏坊」へどうぞ!


〔隣は炭火やきとり鶏坊〕

といっても実は2店は中でつながっていて行き来できますし、やきとりも「水炊き 鶏坊」で注文できるんです。
飲物はビール、焼酎、日本酒、梅酒やソフトドリンクのほかワインもあります。
お酒好きな方もしっかり満足できるラインナップかと思います。


〔お酒もいろいろあります〕

皆さまも「水炊き 鶏坊」の鶏鍋をぜひ一度召し上がってみてください。


レポーター:株式会社愛善商会
社長 中島 啓


印刷用ページ このニュースを友達に送る